• 中小企業のストレスチェック

    企業におけるメンタルヘルス対策といえば、少し前の時代までは大企業で行っている対策と言うイメージが強かったものです。しかしストレスチェック制度が始まって以降は常時50名以上の従業員を雇用する企業は実施する義務を持つようになりました。


    このことによりストレスチェックによるメンタルヘルス対策は日本の大多数を占める中小企業でも実施しなければならない対策として広く知られるようになりました。

    ストレスチェックの有益性の紹介です。

    しかしながら中小企業が大企業と同じように実施しようと考えると多くの場合うまくいきません。

    会社の基盤を全く違いますし専門のスタッフを直接雇用することができる大企業のようなやり方では対応することができないでしょう。そのため中小企業ならではの考え方を構築していくことが大切になります。

    goo ニュース情報に精通したサイトです。

    ストレスチェックを行うにあたっても現場に負担のかからない方法を検討する姿勢が求められるものであるといえます。



    多くの場合外部に委託すると言う方法が推奨されます。

    ストレスチェックを専門的に提供している業者と言うものは少なからず存在していますし、健康診断を実施している医療機関が同時に実施してくれることもあります。
    それらの外部機関を上手に活用することにより少ない労力で義務を果たすことができるようになります。

    このような選択肢について知っておくことがストレスチェックを効率的に行うために役立つものであると言えるでしょう。
    このような特徴について知っておくといざと言う時に助かります。

  • 驚く情報

    • 現代社会では、職場でも学校でも様々なストレスが蔓延しています。特にストレスから発症する心身の不調の代表的なものは職場ではうつ病です。...

  • 知っておきたい常識

    • ストレスチェックとは2014年6月に国会で成立した労働安全衛生法の改正に伴い、2015年12月1日から実施されている、一定基準を満たす事業所における労働者への診断制度及びその内容を指しています。労働者が常時50名以上在籍している事業所においては、これ運営する企業・団体が年に1回制度に基づいたチェックを労働者に対して実施し、その内訳を労働基準監督署へ報告する義務が課されています(50名以下の場合は、努力義務となります)。...

  • 読めば解る

    • 近年、仕事のストレスにより、うつ病などの精神疾患を発症する労働者が増加しています。このような問題を予防するため、平成27年12月1日より、「ストレスチェック制度」が従業員数50名以上の事業所に義務付けられました。...

  • 知っておきたい情報

    • ストレスチェックとは、職場において自分がどれくらいストレスを感じているかを確認するための、マークシート式のテストのようなものです。厚生労働省が推奨する、57項目の設問に答えていきます。...