• ストレスチェックの必要性

    ストレスチェックとは、職場において自分がどれくらいストレスを感じているかを確認するための、マークシート式のテストのようなものです。

    厚生労働省が推奨する、57項目の設問に答えていきます。従業員50名以上の全ての事業所でストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法律(ストレスチェック義務化)」が2015年12月1日に施行されました。

    安心、信頼のストレスチェックに関しての情報を紹介しているサイトです。

    毎年一回、健康診断と一緒に行われます。
    健康診断に行った時にチェック表を提出すると、後日「ストレスチェック結果報告書」が届きます。

    そこには、心とからだに現れた反応、仕事のストレス要因、サポートの状況が点数化されて書かれており、自分の点数と事業場の平均点を比べることで、現在の自分のストレス度を知ることが出来ます。
    また、ストレス軽減のためのアドバイスや、前年からの推移、通院の必要性なども書かれています。


    ここで高ストレス者だと判断された場合は、医師による面談指導を受けることが出来ます。
    ストレスへの気付きを促し、セルフケアの方法も指導してもらえます。


    面談にかかる費用は全て事業者が負担し、個人負担はないので安心です。
    面談の結果は事業所に伝えられ、必要があると認められれば、労働時間の短縮や就業所の変更などを行うことが出来ます。また各事業所は、このチェック結果を5年間保存する義務があり、職場環境の改善に役立てていかなければなりません。

    Yahoo!知恵袋に関するご案内です。

    個人としても事業所としても、ストレスチェックは健康診断と同じく重要なものです。