• ストレスチェックについて

    現代社会では、職場でも学校でも様々なストレスが蔓延しています。


    特にストレスから発症する心身の不調の代表的なものは職場ではうつ病です。


    このうつ病が高じると自殺にも発展しかねないです。
    また学校ではいじめ問題での自殺も見られます。そこでこのような事柄から生じる精神の不調を早期に発見し、改善、治療するのに役立つのがストレスチェックです。

    厚生労働省では労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されています。このストレスチェックの方法については、先ずはPCの設置されている職場ではPCで、PCの置かれていない職場ではペーパーでの設問方式で厚生労働省の基準に基づいて調査をおこないます。

    ストレスチェック情報が様々な条件で検索可能です。

    この調査を基にしまして、個人々について面接をおこないます。
    この調査と面接から、個人へのアドバイスや職場改善の方法を探っていきます。
    単に個人へのアドバイスだけで回復する場合もありますが、うつ病などの精神面の負担が重い時には、休養や医療機関への受診を勧める必要も時としてあります。


    今日の社会では、職場では過労による自殺、また学校ではいじめ問題などが見受けられます。

    鋭い観点から朝日新聞デジタルの情報はここで調べよう。

    このような現状の改善のためには、厚生労働省が設けているストレスチェックが職場や学校で広く行き渡って、利用されることが必要不可欠なことになります。



    このように厚生労働省の基準に適合したストレスチェックの方法を開発して販売している企業も多くあります。